もう一度、ここで会いたい

2016年9月に息子が何も言わずに逝ってしまった。
自死遺族になった母の日々を綴ります。

愛犬の瞳と息子の瞳

連日、愛犬の病院通い。
神経からなのか?時折悲鳴を上げるし食事を摂ってくれなかった。


病院へ行って4日めにようやく朝晩食べてくれたので、ホッ~。


昨日は帰宅した私に喜んで飛びついてきて
抱っこしてペロペロ攻撃です。


とても可愛い♪
抱っこして愛犬の茶色い瞳を見つめると濁っているのですが
改めてジーッと見てたら悲しくなってきた。


息子が亡くなって3日目の瞳が濁っていたのを思い出したから。
何であんなことしてしまったのだろう~~と少し後悔です。


亡くなった日から家に帰れないでいたので
毎日、息子の逢いに行くたび瞼を開いて声を掛けていたのです。
息子のキラキラした少しブラウン系の瞳が好きでした。


瞳が黒くないのは私譲りの瞳です。
目は大きくくっきり二重。
よく目元が似ていると言われていました。


あ~なんて事をしたんだろう~~


時折、その濁った息子の瞳を思い出してしまい
悲しみとともに申し訳ない気持ちが湧き出てきて
更にいろんな事を思い出し落ち込む。


あれから1年経とうとしている。


今はどうしているの?・・くん。
すごく、すごく、逢いたいです。




街で見る夏休みの子供達

外に出ると子供に目がいってしまう。
夏休みだから多く見かける。


つい、息子を探すように辺りを見渡してしまうんですよね。
居るわけがないのだけどキョロキョロって・・・。


特に小学生の男の子を見ると小さい頃の息子と重なり楽しかった頃を思い出す。
大変だったけど、とても充実してた頃。
そんな思い出したとこ時は一瞬幸せを感じる。
でも一瞬だけ、その後はドヨ~~ンと落ちて泣きたくなる。


あ~、息子を抱きしめたい。
夢の中でもいいから話がしたい。
数少ない息子の夢では一度も声を聞いていない。
あ~話がしたいよ。


先月から落ち着かない暗い私がいます。
この暑さのせいなのかな?


いつも思う。
去年の今日は息子は生きていたから
何をしていたのかなぁ~って。
SNSの投稿を確認したりして。
元気そうなコメントしか投稿してないんだけどね。